2018.07.03

北米興収2週連続No.1獲得!! 全世界興収10億ドルの大台突破も目前に迫る!

main

すでに各国で堂々の初登場No.1を獲得し、世界中で『ジュラシック』旋風を巻き起こしている本作ですが、公開2週目を迎えた北米において2週連続No.1を獲得いたしました!!!

北米累計興行収入は先週末時点で約2億6569万ドル(294億円※7月3日時点レート換算)を突破。さらに全世界累計興収は約9億3489万ドル(約1036億円※7月3日時点レート換算)に達し、10億ドルの大台も目前に迫っております!

各国で『ジュラシック』シリーズ25周年に相応しい盛大な大ヒットスタートを飾り、先日は主人公オーウェンを演じるクリス・プラット、クレアを演じるブライス・ダラス・ハワードをはじめとする豪華スターが華やかに来日を果たし、日本公開に向けてますます熱気が高まっている本作!先日、地上波で本シリーズの記念すべき第1作『ジュラシック・パーク』がO.A.されると、Twitterのトレンドには「ジュラシック・パーク」が上がり、タイムライン上でも「何度見てもジュラシック・パークは最高だわ!」、「午後の映画がジュラシック・パーク…子供の頃家族で映画観に行って恐竜大好きになったきっかけ。ワールドも大好きなんだけど、第1作はレジェンド✨最新作にはマルコム博士も出てるって聞いてドキドキ止まらんぜ」、「最新作楽しみー😍やっぱハリウッドすごいな。1993年の作品だって。色褪せないなー!」と、1作目を懐かしむ声に続き、最新作への期待コメントが続々と到着!2週間後に迫る公開に向け、早くも日本の“ジュラシック”旋風の兆しが見えております!

===============

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』 北米興行成績
北米累計興行収入:約265,699,530ドル
全世界累計興行収入:約934,899,530ドル
※BOX OFFICE ANALYST調べ 7月3日現在

===============

2018.07.03

「ジュラシック・ワールド」好きにはたまらない?!あの乗り物の撮影の裏側を大公開! 迫力満点の特別映像を解禁!!

2482_trlr_v47_c03_g01_863760r

この度、<ジュラシック・ワールド>ファン必見の乗り物・ジャイロスフィアが登場するシーンの撮影の裏側を大公開!迫力満点の特別映像を解禁いたします!

ブライス・ダラス・ハワードが「丘を駆け下りてくる絶体絶命の場面よ」と解説するように、この混乱の中登場するのが、ファンは大好き!前作ではテーマパークを移動する為の手段として使われていたジャイロスフィアです。本シーンについて「苦労したシーンだ。ハワイとロンドンで撮影し、それぞれの映像を組み合わせたんだ」と明かすJ・A・バヨナ監督ですが、キャストを乗せたままジャイロスフィアを台車に乗せてハワイの大地を爆走する様子や、真に迫った表情を撮る為に、ロンドンのコンテナが点在する場所にレールを敷き、実際にキャスト達を乗せたジャイロスフィアを、ジェットコースター並みの速度で走らせるなどした撮影を実施。さらに、崖から海へと飛び出した後のシーンで、キャストは巨大な水槽でスキューバダイビングをしたといいますが、すべてを撮りきるのに5日間かかったのだとか。コリン・トレボロウが「乗り物が浸水する場面は、恐竜がいなくても十分にスリルがある」と太鼓判を押す出来栄えとなったのは、身体をはったキャストの努力もあってこそだということが映像からもわかるはず。

main

撮影中のお気に入りのシーンとして、この海中シーンを挙げるプラットは、その理由について「僕は海中のシーンはどれも大好きだよ。クレアたちはもう少しで溺れそうだし、オーウェンは急いで水の中に入り、ジャイロスフィアを破壊してでも彼女たちを脱出させないといけない。でも、それはうまくいかない。オーウェンはいったん水面まで戻り、それからもう一度海中に入っていく、という流れだった。そのすべてが要素として成立するように行われなければならず、それは何千ものピースのパズルを組み立てるようなものだ。ピースごとに撮影する過程は僕は嫌いじゃない。そういったピースがつなぎ合わされていくのを見るのが大好きなんだ」と明かしています。

「史上最高の映画を見せてやるぜ」とドヤ顔で公言するプラットの言葉は嘘か誠か?!その答えは是非劇場でお確かめください!!

2018.07.02

『ジュラシック・ワールド/炎の王国』公開記念!名古屋・ジェイアール名古屋タカシマヤ、 大阪・阪急うめだ本店、東京・銀座三越、3つの百貨店に恐竜がやってくる!

152-0277_0502実

この度、本作の公開を記念して、子供から大人まで楽しめる恐竜イベントが この夏開催されます!

映画に登場するヴェロキラプトルのブルーの等身大モデルの展示を始めとして映画の魅力を紹介するとともに、「福井県立恐竜博物館」の恐竜骨格標本の展示や、映画を中心としたさまざまな恐竜グッズが一堂に揃うポップアップストアが登場、恐竜の世界を体験できる貴重なイベントです。東京・大阪・名古屋の百貨店主催にて順次開催となります。迫力満点、盛りだくさんのイベントを各会場にてご用意しています。各イベントの詳細について本サイトにおいても随時公開をしてまいりますので、ご注目ください!
▼映画に登場するヴェロキラプトルのブルーの等身大モデル

blue

▼東京会場、大阪会場にて展示される福井県立恐竜博物館所蔵の恐竜の骨格!!
各会場ごとに異なる骨格の迫力満点の姿が間近でご覧いただけます

1

 

——————————————————————————————

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』公開記念イベント 開催概要

<名古屋会場>

イベント名称:観て、買って、サマー恐竜フェスタ!
開催期間:2018年7月4日(水)~17日(火) 14日間会期中無休
会場:ジェイアール名古屋タカシマヤ  8階 ローズパティオ、8階南エスカレーター横特設会場 タカシマヤゲートタワーモール 6階 ローズテラス

お問い合わせ先:ジェイアール東海髙島屋 株式会社ジェイアール東海髙島屋 販売促進部
統括グループ広報TEL:052-566-8821
https://www.jr-takashimaya.co.jp/baby_kids/180703jurassic/

<大阪会場>

イベント名称:楽しく学ぼう 『恐竜ランド』
開催期間:2018年8月2日(木)~14(火)13日間会期中無休※催し最終日は午後6時終了
会場 : 阪急うめだ本店9階 祝祭広場

お問い合わせ先:阪急うめだ本店
電話06-6361-1381

<東京会場>

イベント名称 : サマー恐竜フェスタ
開催期間 : 2018年8月14日(火)~20(月)7日間会期中無休 ※最終日は午後6時閉場
会場 : 銀座三越 7階 催物会場

お問い合わせ先:銀座三越
TEL:03-3562-1111 (大代表)
www.miguide.jp/ginza/sv/
※イベントサイトは8月1日10時オープン

協力:東宝東和株式会社、福井県立恐竜博物館、NBCユニバーサル・エンターテインメントジャパン

——————————————————————————————

2018.06.29

25年間昼寝をしていた人は必見?!特別映像到着!!クリス&ブライスが『ジュラシック・パーク』を60秒でご案内??!6月30日(土)には地上波OAも!!!

j061218a-1732

この度、クリス・プラットとブライス・ダラス・ハワードがシリーズ第1作『ジュラシック・パーク』を60秒で案内してくれる特別映像が到着いたしました!!

「第1作を観てない人はいないはず」(ブライス)「赤ん坊か、25年間昼寝をしていた人以外はね」(クリス)といった軽妙な二人のやりとりから始まる本映像。クリスの合図をきっかけに、カウントが開始されますが、果たして、二人は本当に60秒以内で『ジュラシック・パーク』を案内することができるのか?!結果、「監督スティーヴン・スピルバーグ」のエンドクレジットが表示され、クリスが「終わりだ!」とカウントを切った時点で既に60秒を過ぎているという始末。しまいには、「そうだ、ラプトルを忘れた!」と『ジュラシック・パーク』では、決して無視できないキャラクターの説明を怠っていたことが発覚し、大慌てで説明する二人ですが…結局最終的には何分で案内してくれるのか?その結果は、映像内にて是非ご確認ください。

2482_tp_00054r-1

『ジュラシック・パーク』公開時、18歳だった本作の監督を務めたJ・A・バヨナは、映画を最初に観た時、同年代の青年たちと同様、本当に驚いたそうで「私たちの惑星に数百、数千万年前に生きていた恐竜たちにはどこか、とてつもなく人を惹きつけるところがあり、それを絶滅の彼方から甦らせようというアイデアは興味をそそるものだった。いくつもの物語を生み出すほど独創的であり、遊び心たっぷりのアイデアだ。スクリーンで初めてブラキオサウルスを見た時、これはもうなんでもありだ、何でも可能だ、と思った」と明かしていますが、そんなバヨナ青年が大人になり、監督を務めた本作では、『ジュラシック』シリーズの生みの親である、スティーヴン・スピルバーグも認めるほどの手腕を発揮しています!

2482_fpt2_00147e_0147r_grd_comp-1

6月30日(土)には、シリーズの原点である『ジュラシック・パーク』の地上波放映が決定しているなど、ますます盛り上がりを見せるジュラシック25周年祭り!25年間昼寝をしていた人は必見!?これを観れば、最新作をより楽しめること間違いなし!

_aaa0390

===============

★地上波OA情報★

「ジュラシック・パーク」
6月30日(土)午後2時30分~4時55分(日本テレビ)※関東ローカル

<金曜ロードSHOW!(日本テレビ系)【2週連続 恐竜フェス】>

「ジュラシック・パークⅢ」 本編ノーカット
7月6日(金)夜9時00分~10時54分

「ジュラシック・ワールド」 本編ノーカット
7月13日(金)夜9時00分~11時24分 ※放送枠30分拡大

===============

2018.06.29

ワールドツアー最終の地は大阪!クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワードが ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにサプライズ登場し、約1500人の観客は熱狂の渦に!

tak_3826

この度、本作の日本公開を記念して、クリス・プラットブライス・ダラス・ハワードJ・A・バヨナ監督コリン・トレボロウ製作総指揮が来日!
『ジュラシック・ワールド/炎の王国』スペシャルイベント at ユニバーサル・スタジオ・ジャパンを開催いたしました。

27日(水)、東京・六本木にてジャパンプレミアが行われ、日本のファンを熱狂の渦に巻き込んだ、クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、J・A・バヨナ、コリン・トレボロウですが、翌日28日(木)には、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン開業時から大人気を誇り、今なお進化し続けているジュラシック・パークエリアに、4人が登場!前作『ジュラシック・ワールド』でヴェロキラプトルの“ブルー”に対し、オーウェンが手を向けて制止させる印象的なシーンをクリス・プラットが再現!映画さながらの迫真の演技に、会場は大いに盛り上がりました。

また日没後には、“これまでの常識を覆す完全次世代パレード”『ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード ~ベスト・オブ・ハリウッド~』(5月17日(木)オープン)の中で登場する『ジュラシック・ワールド』のフロート(移動式ステージ)に、クリス・プラットとブライス・ダラス・ハワードが前作ではテーマパークを移動するする為の手段として使われたジャイロスフィアに乗って登場!このサプライズに会場は更なる盛り上がりを見せました。

===============

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』スペシャルイベント at ユニバーサル・スタジオ・ジャパン 詳細
▼日時:6月28日(木)
▼登壇者(敬称略):クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、J・A・バヨナ、コリン・トレボロウ
▼会場:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン

===============

<イベントレポート>

ylk_0576

登壇者はサプライズだったにも関わらず、約1500人のファンが詰めかけた本イベント。この熱狂に反応したのか、ステゴザウルス、トリケラトプスも姿を現し、会場は大盛り上がり!子供たちの手を引いて、コリン・トレボロウ、J・A・バヨナ監督、ブライス・ダラス・ハワード、ひと際大きな歓声を浴びてクリス・プラットが登場!プラットが「I love Osaka!コンニチワ オオサカ!」と挨拶すると、観客のボルテージはMAXに!続いて、ユニーバーサル・スタジオ・ジャパンについて尋ねられたブライスは「ウォータースライダーもあるし、恐竜もいるし、ジェットコースターもあるし、アドベンチャーがたくさん詰まっていてとても素敵!今二本足で立っていることがラッキーね」とユーモアたっぷりにコメントし、会場を盛り上げました。

ylk_0604

また、「コンニチワ、オオサカ!キテクレテアリガトウ!」と日本語で挨拶したバヨナ監督は「映画の中ではブライスも乗る、ある乗り物が崖から海へ落ちるシーンがあるんだけど、撮影では実際に、ここにもあるようなジェットコースターを実際につくったんだ」と撮影の裏側を明かし、ブライスは「この映画は、テーマパークのようで、アドベンチャーがたっぷり詰まっているわ。撮影は恐いこともあったけど(笑)ユニバーサル・スタジオ・ジャパンにいるくらい、エキサイティングしてみられると思うわ!」、クリスは「すごい恐竜が出てくる!すごいアクションもある!火山も噴火する!きっと気にいってもらえると思うよ」と映画をアピール。「コンニチワ!アリガトウ、オオサカ!」と日本語で挨拶をしたコリンは「この映画はユニバーサル・スタジオ・ジャパンのライドに乗っているようなものさ!家族と一緒にライドに乗ると、もうこれは助からない!と叫びながら楽しんでいるんだ。映画で助かるかは保証できないけどね」とニヤリと語りました。

tak_3738

すると、突然ヴェロキラプトルのブルーの他肉食恐竜たちが登場!クリスは険しい表情に…!しかし、子供たちと共にブルーの前に果敢に立ちはだかり、前作『ジュラシック・ワールド』で話題となったあのポーズを披露し、制止させることに成功!オーウェンとブルーのシーンを映画さがならに再現し、会場は更なる盛り上がりをみせました。

東京以上の熱狂的な歓声を浴びた4人は、イベント終了後はファンサービスに笑顔で応じ、観客を喜ばせました。

ylk_0983

また日没後に行われた『ユニバーサル・スペクタクル・ナイトパレード ~ベスト・オブ・ハリウッド~』の中での『ジュラシック・ワールド』のフロート(移動式ステージ)では、クリスとブライスが、前作ではテーマパークを移動する為の手段として使われたジャイロスフィアに乗って登場!バヨナ監督とコリンも登場したこのサプライズに会場は大いに盛り上がりを見せました。クリスは「Thank you so much ユニバーサル・スタジオ・ジャパン!映画是非観てね!」と最後までしっかりと映画のアピールをし、歓声に包まれたまま会場を後にしました。

ylk_1515
tak_4054

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12