2018.07.26

ブルーに続くニューフェイス!“スティギー”登場シーン解禁! その可愛さに“スティギー萌え”ファン急増中♥

stiggy_r-1

この度“スティギー”の愛称とその可愛らしさにファン急増中の新恐竜・スティギモロク登場シーンを解禁いたします!

「今作はスティギーがとってもキュート」「スティギーの活躍に胸アツ!」、「ブルーも最高に可愛いけど、今回一番尊いのはスティギーちゃんです…」と、すでに鑑賞した観客から熱く黄色い声援を集めているのは、本作でシリーズデビューを飾り、大活躍を見せる堅頭竜のスティギモロク、その名もスティギー!邪魔なものや、気に入らないものをなんでも打ち倒すことができる巨大なドーム型の頭蓋骨がチャームポイントで、その頭を駆使して特技の頭突きをかましまくり、劇場にかけつけた観客のハートをわしづかみにしていることでファンが急増中!!!!

2482_tp2_00007r

今回解禁された映像では、檻に閉じ込められてしまったオーウェンとクレアが、隣の監房にいるスティギーの力を借りて脱出を図ろうと奮闘する姿が描かれています。狭い空間で居心地が悪そうなスティギーを発見したオーウェンは、恐竜のエキスパートとしての能力を発揮し、口笛を鳴り響かせながら注意を引きます。その音色に導かれるようにスティギーは固いレンガの壁に何度も頭をぶつけ、健気に突進!レンガの壁は徐々に壊れ始め、ついにぶち破る事が出来ると、スティギーは興奮気味な様子。オーウェンは大きく手を叩きながら「おい!俺を見ろ!こっちへ来い」と発し、さらに気を引かせます。その呼び声に反応して扉を破壊したスティギーは、勢い余って鉄柱に激突!頭がクラクラしている様子を見せながら、その場を後にします。

体が小さく、可愛い見た目とは裏腹に、一生懸命猪突猛進しまくるスティギーの愛らしさに胸を打たれる人が続出していますが、クレアを演じたブライスもその一人で「スティギー、本当にかわいいわよね!」と、すっかりメロメロの様子!萌え恐竜ブルーに続く、ニューフェイス・スティギーのほかにも、新顔恐竜たちが続々と出現する本作について、製作総指揮、脚本を務めたコリンは「新登場の恐竜はすべて気に入ってる。カルノタウルスには心が躍ったね。他にはバリオニクス、スティギモロクも大好きだ!それぞれの恐竜は、実は『ジュラシック・ワールド』の時に登場させたかった恐竜なんだけれど、入り切らなかった恐竜たちなんだ。そういう訳で前作のウェブサイトを見てみると、本作に新登場している恐竜の名前も挙がっている。前作の時点で、パークで生息する恐竜としてね」と、意外な事実を語っています。

シリーズの王者T-レックス、萌え恐竜ブルーに続き、本作で鮮烈なデビューを果たした小さなニューフェイス“スティギー”!
本編ではさらなる活躍を見せているスティギーの勇姿を、ぜひ劇場の大きなスクリーンでお楽しみください!!!

2018.07.23

動員240万人、興収35億円突破!恐竜級の勢いでV2達成!!!関連グッズも大人気!ジュラ女子&男子急増中!

2482_tp_00001r

7月13日(金)に待望の日本公開を迎え、2015年度公開映画の“年間興行収入No.1”に輝いた前作『ジュラシック・ワールド』の初週成績を大幅に更新する驚異的な数字とともに、初登場No,1特大ヒットスタートを切った本作。公開2週目を迎えてもその恐竜級の怒涛の勢いは止まることを知らず、この土日2日間で動員48万5,700人興収7億5,732万円を記録し、観客動員ランキング2週連続No.1に!!
7月22日(日)時点で累計動員240万3,907人、累計興収35億5,695万円を突破し、他の夏映画大作の追随を許さない圧倒的な存在感で大ヒット街道を猛進しております!!!

先週の公開に引き続き、MX4D、4DX、IMAX版にも大勢の観客が殺到している本作ですが、公開2週目にしてすでに複数回リピートする猛者も!!!SNSでは「3回目のジュラワは初の4DXで♡ほんとにジュラシック・ワールドの世界に入ったかのように楽しかった!」、「おかわり5回目行ってきましたぁあ今日も!続編『ジュラシック・ワールド3』がもう待ちきれねえ!!」、「鑑賞7回目!恐竜が哭くたびにめっちゃ顔に風あびるMX4D!」と、何度見ても驚きと感動の絶えない本作に絶賛の声が相次いでおります。

関連グッズも順調に売り上げを伸ばしており、友人同士お揃いのジュラTシャツを着て映画館へ足を運ぶジュラ女子&ジュラ男子が急増中!「劇場限定Tシャツ着て、次はIMAX3Dでジュラシック体験します!」、「ジュラシックグッズが多すぎる!財布の紐がいつまでもつかわからないぞ!!」、「ブルー推しなのでグッズ買ってこようかと思ったらジュラシックのグッズスペースがすごい人だかりだった!」といった声も見受けられ、いま空前のジュラシックブームが巻き起こっております!!!

引き続き、シリーズ史上最高スケールの<ジュラシック体験>で、暑さを増す日本の夏をさらに熱気昂らせる事間違いなしの本作にご注目ください!

=================

【『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(全国373館 1006スクリーン)】
※興行通信社調べ
7月21日(土)・7月22日(日) 観客動員数:485,700人   興行収入:757,320,800円
累計観客動員数:2,403,907人  累計興行収入:3,556,950,200円

=================

2018.07.20

まるで生きているみたい!実物大の恐竜たちが、カメラ前に大集合!!恐竜達はどの様に撮影されたの? メイキング特別映像解禁!

2482_d030_00190r

この度、リアルすぎる恐竜たちにキャスト陣も驚愕!撮影の裏側に我らも驚愕!の特別映像を解禁致します!

バヨナ監督が「ジュラシック・シリーズで最も大事なのは、恐竜たちをリアルに感じ取れるかどうかだ」と語るように、SFXの一種で生物を模したロボットを使い撮影する技術・アニマトロニクスを用いた撮影が、重要な要素となった本作。本映像では、アカデミー賞®視覚効果賞を受賞した経験を持つ著名なアニマトロニクス&特殊効果スーパーバイザーのニール・スカンランを筆頭に、撮影が行われる様子が映し出されています。一作目『ジュラシック・パーク』から全シリーズ通して採用されたアニマトロニクスですが、トレボロウは「完成度は前作を凌ぐ」と自信を覗かせます。まるで本物に対面したように、動く恐竜の姿をみて驚きおびえるキャスト陣ですが、クリスが「台の下でスタッフが恐竜を操作することで、ヒトと恐竜の絆がきめ細やかに表現できた」と語るように、演技する上でも大いに役に立ったよう。恐竜の細部に渡るリアルな動きから皮膚の質感まで細部にこだわった撮影の裏側に、ファンでなくても注目せずにはいられない内容に仕上がっています。

2482_tp2_00080r-1

クレアとオーウェンがこれまで以上に恐竜たちに接近する本作ですが、ブライスは本物のようなアニマトロニクスの恐竜、とりわけラプトルとの演技について、「恐竜たち、特にブルーと緊密にやりとりするシーンがたくさんあったこともあって、撮影ではアニマトロニクスの恐竜が5体あった。恐竜の演技に対してリアクションをするというシーンがある機会があったのは、とても驚くべきことだったわ」と語っており、クリスもまた「『ジュラシック・ワールド』ではアニマトロニクスがアパトサウルスの1体だけで、他の恐竜たちはCGだった」と説明、続けて「本作では、T-レックスやブルーと実際にやりとりをするシーンがいくつかある。こうした巨大で美しい恐竜たちと演技をし、物理的に感じ、見て、リアクションをすることは本当にすごかった。クリーチャーFXチームはすばらしい仕事をして、アニマトロニクスは最高だった。クレアが麻酔で眠らされたティラノサウルスに乗ったり、僕がそのアゴに危うく噛まれそうになったりするんだ」と明かしています。

2482_d046_00071rv2

現代に恐竜が甦ったのではと感じてしまう程の、精巧な映像美を是非劇場の大スクリーンで確認してください!!

2018.07.19

満島真之介が故郷・沖縄で“ジュラシック”凱旋!母校訪問でまさかの逆サプライズ!子供たちに夜の博物館をご案内!盛りだくさんの沖縄PRキャンペーンに大興奮!!

dsc_2148_r

7月13日(金)より日本公開を迎えた本作は、土日2日間で観客動員数83万3,190人興行収入12億1,654万円を記録。2015年度公開映画の“年間興行収入No.1”を果たした前作『ジュラシック・ワールド』(2015)公開時の土日興収対比144.1%と、前作記録を大幅に更新し、観客動員ランキング初登場圧倒的No.1の特大ヒットスタートを迎えました!さらに、 7月13日(金)~7月16日(月)の公開4日間の数字は動員145万3,273人興収21億677万円と、前作では公開7日目で達成した20億円突破をこの連休で突破するという快挙を成し遂げ、まさに恐竜の如く他者を寄せ付けない圧倒的強さを見せつけております!!!

この大ヒットを記念し、恐竜が苦手な天才プログラマー・フランクリン役の日本語吹き替えを担当した俳優の満島真之介さんが、自身の故郷・沖縄へ凱旋し、本作のPRキャンペーンを行いました。

【『ジュラシック・ワールド/炎の王国』満島真之介登壇!沖縄PRキャンペーン】
=============
実施内容
7月18日(水) 大ヒット御礼舞台挨拶(那覇シネマQ)※上映後
7月19日(木) 母校サプライズイベント(沖縄東中学校)&ナイトミュージアムイベント(沖縄県立博物館)
=============

キャンペーンレポート
すでに観客動員145万人、興行収入21億円を突破し、“ジュラシック”旋風を巻き起こしている映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』。日本中を熱くしている本作を携え、天才プログラマー・フランクリン役の日本語吹き替えを担当した俳優の満島真之介さんが故郷・沖縄へ凱旋。2日間にわたるPRキャンペーンに参加しました。

dsc_2020_r

まずは那覇シネマQで行われた本作の舞台挨拶へ。上映後の会場に満島さんが現れると、観客は大きな拍手でお出迎え!「1年ぶりに沖縄に帰って来ましたが、ここにいる皆さんはまるで家族の様。ぜひ沖縄のみなさんにも楽しんでいただきたい作品です!」と挨拶した満島さんは、「沖縄にいる間にステーキは食べて帰りたいなと思っています。東京で食べると高いからね!(笑)でもあんまり肉ばっかり食べているとT-レックスが来ちゃうかも!」と話し、地元の観客を前にご機嫌な様子。

役作りにあたっては「フランクリンは今回からの新キャラクターだから、彼のポップさや、今までのシリーズにはなかった雰囲気を出したいと思いながら演じました」と語っていた満島さんでしたが、フランクリンとの共通点について問われると「ビビりな所ですね。ホラー映画も観られないし、脅かされるのも嫌(笑)!!」と意外な一面を告白。

dsc_2052_r

さらに、「今まで吹き替え版の映画を劇場で観たことがないので、この作品を僕の初体験にしたいと思っています。フランクリンが叫ぶところのシーンで僕も彼の演技をしながら一緒に叫びたい!観客のみなさんに『あれ?新しいサラウンドシステム導入したのかな?』って思わせたいです(笑)」と話し、会場の笑いを誘う場面もありました。

dsc_2145_r

翌日、満島さんが向かったのは、青春時代を過ごした母校である沖縄東中学校。ここで生徒たちには内緒でサプライズ登場する予定と聞かされていた満島さんが会場である体育館へ向かおうとしていた矢先、突然<満島さんお帰りなさい!ハリウッド進出おめでとうございます!>と書かれた巨大な懸垂幕が目の前に!!

dsc_2234_r

驚きの表情を浮かべる満島さんでしたが、実は、満島さんに喜んでもらいたいという生徒たちからの“逆サプライズ”だったことが明らかになり、生徒たちも満島さんの元へ大集合!満島さんは「うわー!パワーがあるな!すごいな!!」と笑顔を浮かべ、みんなとハイタッチを交わしていました。

dsc_2193_r

次に体育館に満島さんが登場すると生徒たちからは大歓声が!!母校への凱旋を記念して生徒会長による花束の贈呈が行われると「幸せ!」と喜びをあらわにした満島さん。逆サプライズを受けて「みんなエネルギーありすぎない!?びっくりしたよ!」と話し、「約10年ぶりにここに帰って来ました。当時、生徒会長をやっていたんだけど、子供たちの元気さも、制服も変わってないね!今日、この学校の楽しい思い出を新たに作ってもらうことができました」と感慨深い様子。

dsc_2271_r dsc_2284_r

『ジュラシック・パーク』シリーズ最新作を携えての帰郷に「中学生の時には観ていた側だった作品の最新作に、今度は自分が参加して生徒のみなさんに観てもらう側になるとは夢にも思っていませんでした。こうした形で母校に帰って来られて、恩返しが出来たようで嬉しいです!」と語り、その最新作については「オススメしかしない!ぜひご家族やお友達と吹き替え版で楽しんでほしいです。本当にすごく楽しいから!次は実際に出演できるように頑張ります!」と作品を猛烈にPRしました。

dsc_2286_r

最後には後輩たちに「今は、自分がやりたいと思う目の前のことをとにかく精一杯やってください。しっかりご飯をたべて、運動もして、みんな頑張ってね!」と熱いメッセージ。真剣な表情でその言葉を聞いていた生徒たちから大きな拍手が贈られました。

dsc_2322_r

最後に訪れたのは沖縄県立博物館。ここでは全長12mを超えるT-レックスの全身骨格などを展示する「ティラノサウルス展 進化の謎に迫る」が9月9日(日)まで開催中で、満島さんは恐竜の魅力を知ってほしいと、この特別展に地元の子供たちを特別に招待しました。

dsc_2390_r

満島さんと一緒に博物館内を見学し、T-レックスの骨格標本を見た子供達たち大興奮の様子で、大迫力のT-レックスについて満島さんが「T-レックスは好きだけど、大きすぎてお家に呼んでお茶だせないよね。小さな恐竜がいいかな〜。」と話すと、子供たちから「小さい恐竜でも家に呼んだら食べられちゃうよ!」とツッコミ!しかし満島さんは「さんぴん茶出せば大丈夫そうじゃない(笑)?」と答え、子供たちは爆笑!

dsc_2424_r dsc_2439_r

その後、満島さんと子供たちは一緒に化石のレプリカ作りに挑戦。満島さんと一緒に楽しい時間を過ごした子供たちからは終始大きな笑みが溢れていました。

dsc_2539_r dsc_7298_r

舞台挨拶、母校への訪問、夜の博物館ツアーと、盛りだくさんのキャンペーンで沖縄に“ジュラシック”旋風を届けた満島さんでした。

dsc_2483_r

2018.07.17

動員145万人、興収20億円突破!!!前作記録を大幅に更新する特大スタート!!観客動員ランキング圧倒的王者に!!!!!

2482_tp_00001r

『ジュラシック』シリーズ誕生25周年という節目を迎える2018年。最新作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』が7月13日(金)より全国372館1002スクリーンでついに日本公開を迎え、土日2日間で観客動員数83万3,190人興行収入12億1,654万円を記録し、観客動員ランキング初登場第1位の特大ヒットスタート!!

これは、『ジュラシック・ワールド』(2015)公開時の土日興収対比144.1%となっており、2015年度公開映画の“年間興行収入No.1”を果たした前作の記録を大幅に更新。さらに、7月13日(金)~7月16日(月)の公開4日間の数字は動員145万3,273人興収21億677万円となり、前作では公開7日目で達成した20億円突破をこの連休で突破するという快挙を成し遂げ、まさに恐竜の如く他者を寄せ付けない圧倒的強さを見せつけました!!!この結果を受け、J・Aバヨナ監督も「ありがとう日本!」と日本のファンへ向けて感謝のメッセージを贈っています(https://twitter.com/FilmBayona/status/1018579130483429379)。

各所で厳しい暑さを記録したこの連休、『ジュラシック・ワールド』最新作を待ちわびていた前作からのファンをはじめ、子供連れの親子や夫婦、カップル、友人同士など、映画館には老若男女問わず幅広い客層が訪れ、前作に引き続きMX4D、4DX、IMAX版も満席の映画館が続出!映画館で観るべき作品である事を証明しました。SNSには鑑賞後の感想が続々と投稿され、「オープニングから迫力が凄まじく、常にハラハラドキドキさせられた!」、「予告で見せていた部分はあくまで序章…!後半からの、いつ恐竜が襲ってくるのかというドキドキ感がたまらない!」、「大傑作。何度でも観返したい!」、「最高オブ最高。これはIMAXも4Dも全部観なければならないな…」と絶賛!さらに「まさかジュラシックで泣かされるとは思わなかった」、「恐竜も人間のキャラクターも魅力的、だから今回は涙を流さすにはいられない…」、「ブルーとオーウェンの信頼と絆に号泣」と、これまでのシリーズでは描かれなかった恐竜と人間の絆の物語に感動する声も数多く寄せられております。

日本を含む69の国と地域で堂々の初登場No.1を獲得し、早くも全世界累計興収11億3708万ドル(約1277億円)を突破している本作。(7/15時点、BOX OFFICE MOJO調べ)。
暑さを増す日本の夏を、さらに熱気昂らせる事間違いなしの本作に引き続きご注目ください!

================

【『ジュラシック・ワールド/炎の王国』 (全国372館1002スクリーン)】※興行通信社調べ
7月14日(土)・7月15日(日) :累計動員833,190人     興収1,216,547,000円
7月13日(金)~7月16日(月):累計動員1,453,273人   興収2,106,772,700円

※前作『ジュラシック・ワールド』(2015年8月5日公開)※
8月8日(土)・8月9日(日)    :累計動員545,153人    興収844,093,200円
8月5日(水)~8月9日(日)   :累計動員1,074,062人  興収1,592,850,600円

================

1 2 3 4 5 6 7 8 12