2022.07.20

ギャルがジュラを全力応援!本作の特別アンバサダーにシリーズの大ファンであるタレント・ゆうちゃみさんの就任が決定!映画の公開を盛り上げつつジュラマスターを目指します!

今回の特別アンバサダー・プロジェクトでは、映画『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』の情報はもちろん、今日本中で絶賛販売中の『ジュラシック・ワールド』公式グッズ、そして大人から子供まで楽しめるユニバーサル・スタジオ・ジャパンのジュラシック・パークエリアなどの情報を特別アンバサダーが発信するという、映画・商品・テーマパークによるコラボレーション企画であり、ユニバーサル・ピクチャーズとしては初の試みとなります。
そして今回、初企画の初・特別アンバサダーという大役に任命されたのが、若者を中心に圧倒的な支持を得ている“令和の白ギャル”こと、ゆうちゃみさん。小学生の頃から映画館やテレビ放映でシリーズ過去作を家族で鑑賞し、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのジュラシック・パークエリアにも足繫く通っていたという筋金入りのジュラファンであるゆうちゃみさんの熱い想いがハリウッドに届き、ユニバーサル・ピクチャーズ本社による厳正な審査を経て、今回の就任が決定しました。

ゆうちゃみさんは、今回の就任にあたり「ジュラシリーズはほんまに大好きだから、とっても嬉しい!映画のお仕事は初めてだけど、特別アンバサダーとしてしっかり盛り上げて、今年の夏はジュラで最高にキャパい夏にします!!」と気合十分な様子で、就任記念の写真撮影ではジュラシック・ワールドにいる登場人物をイメージした衣装で撮影に臨みました。

ゆうちゃみさんは今後、特別アンバサダーとして映画の試写会やイベントに参加し、さらに公式グッズを取り扱うポップアップショップやユニバーサル・スタジオ・ジャパンなどを訪問し、その様子は映画公式SNSやゆうちゃみさん自身の公式SNSアカウントなどで発信されます。様々な経験を通して“特別アンバサダー”かつ“ジュラマスター”を目指すゆうちゃみさんによる、ギャル目線のジュラ情報発信にぜひご期待ください!

2022.07.17

『ジュラシック・パーク』×『ジュラシック・ワールド』2つの世界が交わり、伝説のキャラクターたちと共演!クリス・プラットほか豪華キャスト陣のインタビューが収められた特別映像解禁!!

今回解禁された映像内で、本作において監督と共同脚本を務めたコリン・トレボロウが「『炎の王国』は局面を一変させ、シリーズの新境地を開いた」と語るように、29年前にスティーヴン・スピルバーグが恐竜たちに息を吹き込み、幕を開けた『ジュラシック・パーク』に登場したエリー・サトラー博士(ローラ・ダーン)、イアン・マルコム博士(ジェフ・ゴールドブラム)、アラン・グラント博士(サム・ニール)ら、シリーズファンたちが興奮せずにはいられない伝説のキャストたちが参戦!新旧キャストの世界が交わりながら「ジュラシック」シリーズが完結へと向かっていく。

また、インタビューでは、本作から参戦するケイラ役のディワンダ・ワイズ:「最終章にふさわしいわ。」、ローラ・ダーン:「2つの世界が交わるなんて最高のアイディアよ」、サム:「旧友と再会しつつ新たな出会いがある」「こんなアクションは見たことがない」、トレボロウ監督:「本作はシリーズの集大成だ。期待に応えつつ、予想をはるかに超えてくる」、ジェフ:「恐竜たちは最恐にして最強だ」とキャスト陣がそれぞれ思い思いに作品の出来栄えに自信を覗かせている。

映像内でも、クレアとエリー・サトラー博士が行動を共にするシーンや、アラン・グラント博士とメイジー、そしてオーウェンの3人が並んでラプトルに立ち向かう姿、マルタ島での恐竜とのバイクチェイスなど、シリーズファンが思わず歓声をあげたくなるキャラクターたちの共演や息を飲むアクションなどが収められており、本作の公開が待ち切れない!

2022.07.15

ジャパンプレミアに100組200名様ご招待!

この度、クレア役のブライス・ダラス・ハワード、ケイラ役のディワンダ・ワイズ、そしてコリン・トレボロウ監督の来日が決定しました。来日ゲストを迎え、舞台挨拶付きの試写会を開催いたします。また、本試写会に100組200名様をご招待させて頂きます。
以下詳細と応募フォームの注意事項を必ずご確認の上、是非ご応募ください。

【『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』ジャパンプレミア詳細】

♦日時:7月28日(木)午前スタート(予定)

♦開催場所:都内某所

♦登壇ゲスト(予定):ブライス・ダラス・ハワード、ディワンダ・ワイズ、コリン・トレボロウ監督ほか
※舞台挨拶付きの試写会になります。
※登壇ゲストは変更になる可能性もございます。
※本篇上映時間は2時間27分です。

▼応募フォーム(応募締切:7月23日(土)まで)
https://forms.gle/dCcSTz21f3u82ZuK8
※イベント会場・受付時間などの詳細は当選者にお知らせいたします。ご当選された方は、ご招待メールの記載をご確認の上、ご来場ください。
※当選者の発表は厳正なる抽選のうえ、メールによる当選通知の配信をもってかえさせていただきます。
※新型コロナウイルスの感染拡大状況や天候等、その他主催者の判断により、やむを得ず本試写会を中止する場合がございます。

2022.07.15

世界各国の恐竜の目撃情報収集サイト「ディノトラッカー」がオープン!日本での目撃情報も!!

恐竜の目撃情報収集サイト<ディノトラッカー>が公開されました!

【ディノトラッカーとは?】
DPW(Department of Prehistoric Wildlife=先史時代野生生物機関)が運営する恐竜の目撃情報収集サイトです。最新の恐竜の出現報告や市民による目撃投稿などを提供し、世界中の恐竜目撃情報や恐竜の生体情報、そして攻撃性レベルを確認することが可能です。日本各地での目撃情報も投稿されており、宮島付近を飛行するディモルフォドンの群れや芦ノ湖の上空でのプテラノドンなどの姿を見ることができます!果たして、人間と恐竜の共存は可能なのか――?

==================================================================================
◆ディノトラッカーのリンクはこちら
https://www.dinotracker.com

◆DPW(先史時代野生生物機関)のプロモーション映像


==================================================================================

【恐竜を目撃したら?】
もし、あなたが恐竜を目撃した場合は「#恐竜出没注意」のタグを使ってSNSに報告してください!

※画像はすべて「ディノトラッカー」より抜粋/「ディノトラッカー」の画像は映画本篇とは関係ありません。

2022.07.15

シリーズに登場する強い女性キャラクターたちが集結!約30年間の歴史を繋ぐ特別映像を解禁!!

この度到着したのは、未だかつて誰も見た事のない“恐竜”を現代に蘇らせ、そのリアルでスリリングな映像体験で世界中の人々の心を躍らせ映画史を塗り替えた1993年公開の名作『ジュラシック・パーク』のワンシーンから始まる特別映像!

映像の冒頭には7月29日(金)より日本で公開する待望の最新作にして完結編『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』で見事なカムバックを果たすアラン・グラント博士役のサム・ニール、エリー・サトラー博士役のローラ・ダーン、イアン・マルコム博士役のジェフ・ゴールドブラムといった、レジェンドキャスト3名の約30年前の姿が収められており、『ジュラシック・パーク』シリーズにてヒロインを演じたローラは「『ジュラシック・パーク』製作時から感じたわ。エリーはこれまでにないキャラクターだとね。女性キャラクターがアクションをすることに大きな意味があったの。」と当時を回顧する。ジュラシック・パークが崩壊し、外部にSOSの連絡を入れるため電気を復旧させに向かおうとする場面では、女性だからと心配して止めようとするジョン・ハモンド(ジュラシック・パークの創設者)の言葉も意に介さず、「性的偏見の話は別の機会に」と言い残して去るなど自らの危険をいとわないシーンも。
また、『ジュラシック・ワールド』シリーズにてヒロインのクレアを演じるブライス・ダラス・ハワードは「古植物学者であるエリーはとても象徴的で重要なキャラクターよ。彼女の功績は、映画を観た若者に勇気と刺激を与えたことよ」と話し、“先輩”であるエリー博士の功績を称えている。さらに、「女性キャラクターが一人一人違うから素晴らしい。誰も型にはまらずただ強く優しいだけの女性は一人もいない」と本シリーズの女性の描き方についても言及。ブライスが話すように従来多く描かれてきたような保守的なヒロインではなく、自ら目の前の困難に積極的に立ち向かい戦う、まるでヒーローのような強く優しい女性キャラクターが本シリーズでは多数登場!
前作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』より登場し、訳あって本作ではクリス・プラット演じる主人公のオーウェンとブライスと一緒に山奥で家族のように暮らしている、メイジ―・ロックウッド演じるイザベラ・サーモンはシリーズで登場する女性キャラクターについて「メイジ―にはお手本が沢山いる。強くて気性が激しい母親代わりのクレア、知的で賢くパワフルなエリー博士、超狂暴でタフなパイロットのケイラもいる。すごく強くて自立した女性ばかりよ」と話し、そのマインドを受け継いだ影響もあってか、思春期の少女とは思えないほど頼もしく、弱音を吐くことなく果敢に乗り越えていこうとする姿に注目!さらに、オーウェンと同じ退役軍人という過去を持ち、現在は裏社会で雇われ貨物パイロットのエースとして活躍しながら生活を送る“超狂暴でタフなパイロット”新キャラクター・ケイラ役のディワンダ・ワイズは「女性キャラクターの描き方は最初から優れていたけど個性や深みがどんどん増してる。ケイラもその一人よ」と自身が演じたケイラについてコメント。そんなエリー、クレア、メイジ―、そしてケイラなど様々な女性キャラクターが活躍する姿に勇気と刺激をもらえること間違いなし!

1 2 3 4 5 6 7 8 9 19