2018.08.08

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』公開記念!子供から大人まで楽しめる恐竜イベントを開催中!

%e6%81%90%e7%ab%9c%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc

ただ今、阪急うめだ本店 9階祝祭広場(大阪)にて、映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』公開記念 「楽しく学ぼう『恐竜ランド』」が開催中です!

福井県立恐竜博物館協力のもと、映画「ジュラシックワールド/の王国」に関連する恐竜の骨格標本(5体)や触れる化石を紹介パネルとともに展示。フォトジェニックなブルー(ヴェロキラプトル)の等身大モデルも設置しています。

2c1a3436

映画に登場するゲートをイメージしたフォトスポット、親子で楽しむ化石発掘やクラフト恐竜作りの体験の他、映画関連グッズや化石の販売も。

 

2c1a36332c1a3732

814日(火)より東京会場でも開催予定。迫力満点、盛りだくさんの恐竜イベント、是非お越しください!

 ==============

映画『ジュラシック・ワールド/炎の王国』公開記念イベント 開催概要

<大阪会場>

イベント名称:楽しく学ぼう 『恐竜ランド』
開催期間:201882日(木)~14(火)13日間会期中無休催し最終日は午後6時終了
会場 : 阪急うめだ本店9階 祝祭広場

お問い合わせ先:阪急うめだ本店 TeL:06-6361-1381

<東京会場>

イベント名称 : サマー恐竜フェスタ
開催期間 : 2018814日(火)~20(月)7日間会期中無休 最終日は午後6時閉場
会場 : 銀座三越 7階 催物会場

お問い合わせ先:銀座三越 TEL:03-3562-1111(大代表)
イベントサイトはこちら
 ==============

協力:東宝東和株式会社、福井県立恐竜博物館、NBCユニバーサル・エンターテインメントジャパン

2018.07.31

クレア役のブライス・ダラス・ハワードが、オーウェンを演じたクリス・プラットに直撃インタビュー!劇中のコンビネーションにも納得!特別映像解禁!!

_aaa0390

この度、クレア役のブライス・ダラス・ハワードが、オーウェンを演じたクリス・プラットに直撃インタビューを敢行する特別映像を解禁致します!

大自然が広がるジャングルの風景映像に「今日は撮影最終日よ!」と声を乗せるのは、クレア役のブライス・ダラス・ハワード。超大作の撮影も終盤に差し掛かり、野生の鳥がさえずる和やかな空気が流れる現場で、「クリス、あなたの仕事は?」、「俳優とはどんな仕事で、一番大切なことは何?」と、オーウェンを演じたクリス・プラットにインタビューを敢行!クリスは「今日大事だったのは、川沿いを歩いて目を細めること!(ジャングルで恐竜を探すシーン)何かから逃げるための体力が要る日もある。他には恐怖感や軽快さが必要な時もある。」と、ジョークも交えながら真面目に質問に答えます。最後にブライスが「憧れていた俳優はいる?」と問うと、「ジム・キャリーと(シルベスター・)スタローン。」と答えたクリス。ブライスは高らかに笑いながら、「(あなたは)まさに2人を足して、2で割ってる!(笑)」と反応し、クリスもまんざらもない様子で同調。マイペースでトークを進めるブライスと笑顔で見守る2人の様子はまるで劇中のクレアとオーウェンのよう・・?撮影最終日でも全くの疲れを感じさせない、パワフルで相性ぴったりの2人が最新作でどんなバディっぷり、そして大活躍を見せてくれるのか期待高まる映像となっております!

2482_sb_00031r

今年の夏を席巻する大ヒット街道絶賛猛進中の本作。鑑賞者のなかでは、恐竜たちによる怒涛のアクションはもちろん、オーウェンとクレアの絶妙なコンビネーションや、前作で描かれた<ジュラシック・ワールド>の大事故から続く2人の葛藤やドラマに感動する方々が多く見受けられ、SNSでも「シリーズの中で最もメッセージ性の強い作品だったように感じた。オーウェンとクレアの葛藤が胸に刺さった。」、「オーウェンとクレアの対等な信頼関係がすごくかっこいい。」、「前回以上にクレアがたくましく、オーウェンが頼もしい。お互いにカバーしあう姿がひたすら格好良かった。」といった声が続々と到着するほど!クリスは3年ぶりに共演を果たしたブライスについて「彼女は本当にまじめに仕事に取り組む。どの過程のどのステップでも彼女は一生懸命にやってくれる。僕たち2人と監督の持つビジョンがあれば、この作品を『ジュラシック』の冒険の中でも最高のものにするために必要なことは揃っていると思う」と、ブライスに対する絶大な信頼を明かしており、一方ブライスも「クリスは、『ジュラシック』の映画で起こり得る最も楽しいことが何であるか完全に理解しているのよ。一緒にあるシーンの撮影をしているでしょう、そこからクリスがどこかに行こうとしているのが見える。そんな時に言うの。“みんな、見て…クリスの直感が何かに反応したみたいよ”ってね。彼には、自分が見たいものがわかっているのよ。クリス・プラットの相手役として『ジュラシック』の作品に出てみないと本当の楽しさを経験したことにはならないわね」と、クリスとの共演に喜びを滲ませています。

2482_fpt_00247r_grd

俳優として、人間として、最高の関係を築くクリスとブライス!そんな2人から紡ぎ出される、オーウェンとクレアの成長した姿にも是非ご期待ください!

2018.07.31

【速報!!!】2018年公開映画で最速50億円突破!!!!!恐竜の夏に日本中が熱狂!!

lion_t-rex

7月13日(金)に待望の日本公開を迎え、2015年度公開映画の“年間興行収入No.1”に輝いた前作『ジュラシック・ワールド』の初週成績を大幅に更新する驚異的な数字とともに、2週連続No,1の特大ヒットスタートを切った本作。そして公開18日目を迎えた7月30日(月)には、早くも累計動員数3,401,007人、累計興行収入5,061,252,100円を突破!!2018年公開映画のうち、最速で50億円超えを果たした作品として記録を更新いたしました!!!

2D、3D、IMAX、MX4D、4DXに加え、日本語字幕版、日本語吹き替え版など上映形態も豊富なため、まだ観ていないバージョンを再び鑑賞しに行くというリピーターの姿も多く、既に10回以上鑑賞しているという猛者も!

また、その人気ぶりは映画館を飛び出し、池袋にて期間限定オープン中の「ジュラシック・ワールドCAFE」(8月10日より大阪・心斎橋でも限定オープン)は一時6時間待ちになるほどの盛況ぶり!さらにSNS上では、主人公オーウェンとヴェロキラプトルのブルーなど、ジュラファンが投稿した人気キャラクターのイラストが多くのRT&いいね!を集めて拡散中。

公開後も勢いは衰えず、これからさらなる盛り上がりを見せる夏休みに向け、恐竜たちは快進撃を続けております!!
引き続き、シリーズ史上最高スケールの<ジュラシック体験>で、暑さを増す日本の夏をさらに熱気昂らせる事間違いなしの本作にご注目ください!

2018.07.30

25年間にわたりファンたちの度肝を抜いてきたILM。その技術力に迫る特別映像到着!!

2482_d067_00295

この度、25年間に渡り、ジュラシック・シリーズを支えてきたILMの技術力に迫った特別映像を解禁いたします!

25年間にわたり、インダストリアル・ライト・アンド・マジック(ILM)はCGの恐竜で『ジュラシック』ファンたちの度肝を抜いてきました。そのILMの技術力に迫った本映像。「ジュラシック・シリーズでは、リアルな恐竜が求められる」とバヨナ監督が語るように、その“リアル”を追求すべく、生物を模したロボットを使って撮影する技術であるアニマトロニクスとCGを融合した本作は、古生物学者らと相談し、解剖学的に正しい恐竜の模型を骨格から再現するといった綿密さでつくられています。視覚効果を務めたダン・バロウの「観客にはリアルな恐竜を楽しんでほしい」という言葉からもスタッフたちの情熱が伝わってきますが、バヨナ監督もその技術力の高さについて「観客もCGかアニマトロニクスか目を欺かれると思うよ」と自信を覗かせています。

2482_d030_00190r

最大のスターは“恐竜”であるといえる『ジュラシック』シリーズですが、アニマトロニクスで動く恐竜も、視覚効果での恐竜も、それぞれの分野で仕事をする一流アーティストたちを集結させました。製作を務めるフランク・マーシャルは、「ILMも監督と緊密な連絡を取りながら仕事を進めてくれたし、技術の限界に挑戦もしてくれた。恐竜たちの登場シーンを作り上げる道具箱に、新しい道具が増えていくのを見るのはとてもワクワクすることだよ。その上、これまでも長きにわたりすばらしい怪物たちを想像し続けてきたニール・スカンランも参加し、私たちのためにアニマトロニクスを作っている。リアルな恐竜を使ったことでファンも楽しいし、俳優たちにとっても、〈実際の恐竜たち〉とのやり取りがいいと思うんだ」と語っています。

2482_d046_00071rv2

また、VFXスーパーバイザーのデヴィッド・ヴィッカリーはチームの野心について「これまでの作品に敬意を払いつつ、私たちがやろうとしていることは人々の記憶に残る、新たな映画的瞬間を作ることだ。映画館を出る時、すごい時間を過ごしたという気持ちになってほしい、と思っている」と語っており、続けて「観客が恐竜たちを本物だと信じられなくなった瞬間、あっという間に映画の世界から連れ出されてしまい、経験が台無しになる。恐竜の外見やサイズ、動きだけにとどまらず、その性格や特徴までを理解するため、私たちは可能な限り深く掘り下げる」とその熱い想いを明かしています。

2482_tp2_00002r

2018.07.26

ブルーに続くニューフェイス!“スティギー”登場シーン解禁! その可愛さに“スティギー萌え”ファン急増中♥

stiggy_r-1

この度“スティギー”の愛称とその可愛らしさにファン急増中の新恐竜・スティギモロク登場シーンを解禁いたします!

「今作はスティギーがとってもキュート」「スティギーの活躍に胸アツ!」、「ブルーも最高に可愛いけど、今回一番尊いのはスティギーちゃんです…」と、すでに鑑賞した観客から熱く黄色い声援を集めているのは、本作でシリーズデビューを飾り、大活躍を見せる堅頭竜のスティギモロク、その名もスティギー!邪魔なものや、気に入らないものをなんでも打ち倒すことができる巨大なドーム型の頭蓋骨がチャームポイントで、その頭を駆使して特技の頭突きをかましまくり、劇場にかけつけた観客のハートをわしづかみにしていることでファンが急増中!!!!

2482_tp2_00007r

今回解禁された映像では、檻に閉じ込められてしまったオーウェンとクレアが、隣の監房にいるスティギーの力を借りて脱出を図ろうと奮闘する姿が描かれています。狭い空間で居心地が悪そうなスティギーを発見したオーウェンは、恐竜のエキスパートとしての能力を発揮し、口笛を鳴り響かせながら注意を引きます。その音色に導かれるようにスティギーは固いレンガの壁に何度も頭をぶつけ、健気に突進!レンガの壁は徐々に壊れ始め、ついにぶち破る事が出来ると、スティギーは興奮気味な様子。オーウェンは大きく手を叩きながら「おい!俺を見ろ!こっちへ来い」と発し、さらに気を引かせます。その呼び声に反応して扉を破壊したスティギーは、勢い余って鉄柱に激突!頭がクラクラしている様子を見せながら、その場を後にします。

体が小さく、可愛い見た目とは裏腹に、一生懸命猪突猛進しまくるスティギーの愛らしさに胸を打たれる人が続出していますが、クレアを演じたブライスもその一人で「スティギー、本当にかわいいわよね!」と、すっかりメロメロの様子!萌え恐竜ブルーに続く、ニューフェイス・スティギーのほかにも、新顔恐竜たちが続々と出現する本作について、製作総指揮、脚本を務めたコリンは「新登場の恐竜はすべて気に入ってる。カルノタウルスには心が躍ったね。他にはバリオニクス、スティギモロクも大好きだ!それぞれの恐竜は、実は『ジュラシック・ワールド』の時に登場させたかった恐竜なんだけれど、入り切らなかった恐竜たちなんだ。そういう訳で前作のウェブサイトを見てみると、本作に新登場している恐竜の名前も挙がっている。前作の時点で、パークで生息する恐竜としてね」と、意外な事実を語っています。

シリーズの王者T-レックス、萌え恐竜ブルーに続き、本作で鮮烈なデビューを果たした小さなニューフェイス“スティギー”!
本編ではさらなる活躍を見せているスティギーの勇姿を、ぜひ劇場の大きなスクリーンでお楽しみください!!!

1 2 3 4 5 6 7 12